FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

できるやさしい漢方 (オレン

自分でできるやさしい漢方 (オレンジページムック 元気がでるからだの本別冊)自分でできるやさしい漢方 (オレンジページムック 元気がでるからだの本別冊)
(2007/11)
不明

商品詳細を見る

毎月通っている漢方薬局においてあった雑誌で待ち時間の時に読んでみたのですが、漢方についての基本的な事が書いてあって写真も多くてわかりやすいです。
これから漢方薬局に行ってみようという方におすすめの雑誌です。
※オレンジページの健康関係のムック本は良い内容のものが多いです。
スポンサーサイト

テーマ:冷え性改善 - ジャンル:心と身体

12 : 54 : 07 | 漢方薬 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

漢方生活~5カ月目

2月の終わりに漢方薬を飲み始めてから、今月で5カ月目に入りました。
最初の2カ月は膀胱炎が症状を出ないよう、1日2回飲んでいましたが、今は体質改善目的で1日1回、飲んでいます。

飲み始めてから3カ月目の5月の半ばから、体に変化が出てきました。

朝、起きるのが楽になった事
生理痛と生理前の頭痛と胸の張りが、軽くなった事

平日は毎朝ギリギリ迄眠っていたのですが、ムダな二度寝をしなくなったので、朝の時間を有効に使っています。
生理痛も完全にスッキリ!と迄はいってませんが、生理前の重い頭痛や胸の張りが無くなったのが良かったです。

薬代は安くはありませんが、体に合う漢方薬は良い効果が出ると思います。
体調不良で悩んでいる方は一度漢方の専門薬局で相談してみるといいかと思います。

@十字屋平蔵漢方薬局〔西武池袋線「ひばりヶ丘駅」徒歩3分〕
全国対応で電話とメールによる相談、販売もしている薬局です。
16 : 50 : 49 | 漢方薬 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

漢方生活 三日目

先日、処方された漢方薬は
猪苓湯(炎症を抑える。冷やす働きがある)
当帰(温める作用がある)
など“冷やす漢方と温める漢方”が一緒に調合されていますが、相殺されてしまうワケではないそうです。
食事と一緒ですね。
肉・魚の栄養と野菜の栄養を一緒に摂っても、それぞれ吸収されるし。

テーマ:健康第一 - ジャンル:心と身体

10 : 11 : 04 | 漢方薬 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

漢方生活 二日目

これ!という変化はまだありませんが、飲んでいる安心感も手伝ってくれるせいか、イライラしにくいし、“いてもたってもいられない程”の冷えが手足に出ていないので過ごしやすいです。
(先週あたりから寒さは緩んでますね。1月の厳寒に比べたら、今日の寒さなんてカワイイもんです。)

粉末で処方してもらった漢方薬は、売っている粉薬の量よりも多く、「上手く飲めるかな?」と心配だったのですが、今のところスンナリ飲んでいます。

『体に合っている漢方薬は苦く感じない』というのは本当です。
量が多いのに、すごく飲みやすいです。
(激烈に苦かったら、どうしようかと不安もありましたが)

漢方薬を飲む上での注意ですが、甘い物や辛い物の過剰摂取は禁物だそうです。
せっかくの薬の効果が出にくくなるそうです。
毎日“夜に板チョコ1枚”とか“激辛料理”なんていうのは厳禁です!

テーマ:健康第一 - ジャンル:心と身体

12 : 43 : 30 | 漢方薬 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

漢方生活 その1

先日、漢方薬局で漢方薬を処方してきてもらいました。
週末の体調の不良の理由ですが、また膀胱炎になってしまったんですよ。
(あーー!情けないっ! 今年は症状の出ない年にしたいっ!と思ってたのに!)

漢方ハーブスさんのブログでも相談してみてたところ、
「漢方薬が、あっていないかもしれません」とコメントを頂きました。
(以前もそう言われたのですが、ここ迄来るともう認めざるを得ない…)

“加味逍遙散”で“月経周期の改善”はできました。
でも2004年8月末から1年以上飲んでいるのに、これ以上の改善が望めないのは…。
「これはもう漢方薬局で処方してもらう方が無駄がなくていいだろう」と、ネットで探した薬局へ行きました。

そちらの先生は、問診と『気功診』で合う漢方薬を調合してくれました。
※気功診の説明は難しいので、興味のある方は検索で調べてみて下さい。

『気功診』の時、先生に「イライラしやすいですか?」と聞かれたのにビックリ。
問診の時には、そんな事は一言も言わなかったのに…。
手から出る“気”に「イライラしやすい」と反応が出ていたようです。
(『気功診』恐るべし!)
『気功診』は両手のひらを診てから全身(前後)へ。
その後、体質に合う漢方薬を判断する為に右手に漢方薬の袋を置かれました。

5種類位の漢方薬を調合したものを1カ月分処方されました。
(猪苓湯、当帰などなど)

先生からは
「膀胱炎を繰り返しやすいのは、膀胱内が炎症を起こしているので、まずその炎症を抑えるのが先。温めるだけでは改善されない」
「1カ月飲んでみて、症状が出なければ薬は効いている。」
「効果が出て2カ月目からは薬の量を減らして、しばらく続ける」
と、説明されました。

まずは1カ月、続けてみます。
(かなり長くなっているので、続きはまた次回へ)

テーマ:健康第一 - ジャンル:心と身体

12 : 20 : 36 | 漢方薬 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

花粉症には『小青竜湯』

2005年の3月位迄、食前に漢方薬(『加味逍遥散』)、食後にブラダロンとソラナックスを飲んでいたのですが、花粉症の時期に『小青竜湯』が加わり、もう面倒臭いったらなかったです。
特に2005年は花粉症の症状がひどくて『小青竜湯』を1日3回飲んでも辛い日がありました。

そんなに症状がひどいなら、何故、漢方ではなく効果の高いアレルギー用の薬にしないのか?と言われそうですが、
“アレルギーの薬が膀胱炎を引き起こす可能性が高い”と言われたので漢方薬に変えたのです。
自分の場合は、3年連続で3月に膀胱炎の症状が出た事があるので、アレルギーの薬が影響するというのは間違いではないように思います。
もちろん影響の無い方もおられると思いますが、年に何回か膀胱炎の症状が出た方は用心の為にもアレルギーの薬を飲むのは控えた方がいいかと思われます。
(他の病気で飲まなければならない場合は、お医者様に相談されるといいでしょう)

『小青竜湯』はケミカルの薬のように、すぐ鼻水・鼻づまりをピタッと止めてくれるような速効性はありませんが、アレルギー用の薬を飲むと喉が乾きやすくなったりトイレが近くなったりと、自分には効き過ぎてしまうので、『小青竜湯』の方が穏やかに症状を改善してくれるのところが気に入っています。

テーマ:健康 - ジャンル:心と身体

16 : 15 : 04 | 漢方薬 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

漢方薬

今飲んでいるのは『加味逍遥散』です。(ツムラの24番)
普段は1日2回。食前に飲んでいます。体調の優れない時は3回。
『加味逍遥散』は精神的に不安定なタイプや生理痛が重かったり不順だったりするタイプの方に良い効果があり、冷え性にも効果があるそうです。

この漢方薬に辿りつく前は、精神安定剤のソラナックスとデパスと排尿障害を治すブラダロンを1年近く飲んでいました。
膀胱炎の影響で頻尿になり(もともとトイレは近い方でしたが)、また頻尿の人は膀胱炎になりやすいそうなので、それを改善する為に服用していました。

ただ、薬の影響のせいか(それだけではないかもしれませんが)生理の周期がバラバラになってきたのです。
2004年8月5日、婦人科検診の時に先生に相談してすると、
『ソラナックスのような薬を服用し続けていると、生理の周期に影響が出る事もある』と説明されました。
これを泌尿器科の先生に相談して、薬を漢方薬にかえてもらう事にしました。
8月末から『加味逍遥散』とブラダロンとソラナックスを服用する事になりました。
(ブラダロンとソラナックス、これらの薬は良くなってきたからといって急に服用を止めるとまた症状が出てしまうので長期の服用になるそうです。)

ただ、漢方薬を飲んでいるだけで“冷え性”そのものを改善する事は難しいと泌尿器科の先生に言われました。
漢方薬プラス食事改善運動(ウォーキング等)を取り入れるのが良いそうです。
“つーか、そういう事をやるのが面倒だから漢方薬を毎日飲んでるんですがーーっ!”と思いましたが、それは黙っていました。)

ちっ。
“毎日飲んでいれば冷え性無くなるかな?”とムシのいい事を期待していたのですが、甘かった…!
でも『加味逍遥散』は自分と相性の良い漢方のようで、膀胱炎の予防に役立つし(飲み続けている間は症状は出ないので)生理の周期も安定しているので、自分にとって無くてはならない漢方薬になりました。
冷え性に効果のある漢方(八味丸、牛車腎気丸など)も試してみたいのですが、まだしばらくは『加味逍遥散』のお世話になりそうです。

自分に合う漢方薬ならとても良い効果が期待できると思います。
病院でも処方してもらえますし、漢方の薬局も沢山ありますので専門の薬局で処方してもらうのもいいかもしれません。

漢方のお医者さん探し
漢方ナビ
上記のサイトはどちらも参考になります。
漢方ナビさんは、症状別に効果のある漢方薬を分かりやすく説明してくれているサイトの一つだと思います。

テーマ:健康 - ジャンル:心と身体

18 : 50 : 51 | 漢方薬 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

| ホーム |

プロフィール

pata

Author:pata
冷え取り日記へようこそ!

冷え性と奮闘中の♀です。長期戦ですが、気長にやっていきます。

カテゴリー

冷え性関係

冷え取りLABO
冷え性ドットコム
冷え性の対策.jp

女性の健康

女性の健康情報検索エンジン
girlswave.com

健康・医療関係

今夜からはじめる体質改善
健康ジャーナル社 健康になるウェブサイト
電磁波なび
日本バイ・ディジタル オーリングテスト協会

健康食品・サプリメント

DHCオンラインショップ
【楽天市場】健康食品
ケンコーコム
爽快ドラッグ
サプリンクス・ビタミン・ストア
マカ専門店 ふれあい生活館ヤマノ
サントリー健康食品
サンスター株式会社
森下仁丹のオンラインショップ

健康茶・お茶関係

三香園オンラインショップ
自然風味・静岡茶「岩倉製茶」
京都太秦しぜんむら
お元氣ハウス【お茶の館】

中国茶関係

中国茶・中国茶器のチンシャン
中国茶本舗「第一茶房」
中国茶 茶器【華泰茶荘】
中国茶王国「彩香」
中国茶館チャーリン

漢方薬関係

漢方のお医者さん探し
漢方ナビ
漢方薬局ハーブス
株式会社ツムラ
漢方の総合サイト

食関係

食育大事典
ホクレン農業協同組合連合会
Oisix(おいしっくす)

厳選米ドットコム
伊藤ハム アルトショップ
セコムの食 セコムの食135x30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。